ネットオウルのレンタルサーバー『ミニバード』で「無料独自SSL」機能が提供開始されたよ!

当サイトはネットオウルのレンタルサーバー『ミニバード』を使わせて頂いてます。

サイトのAMP対応とか、SSL対応とか、いろいろやらなければならないことが出てきて、最近ようやく重い腰を上げてAMP対応を終わらせました。その時の記事はこちら。

WordPressのテーマ【Simplicity】でAMP機能をONにしたら、目次プラグインのTOC(Table of Contents Plus)のCSS装飾が適用されなくなってしまったので、あらためて似た装飾(デザイン)を適用してみました。

そして次の課題であるサイトのSSL対応ですが、現在利用しているミニバードでは無料で使える独自SSLのサービスは提供していなかったんですよね・・・。

他のレンタルサーバー会社のエックスサーバーや、MixHostなどは独自SSLサービスを無料で提供しているのに・・・。

仕方がないから、この機会に他社に乗り換えようかとも考えていたところ、現在契約しているミニバードでも独自SSLが無料で使えるという、嬉しいニュースが舞い込んできました!

スポンサーリンク

「無料独自SSL」機能提供開始のお知らせについて

2017年11月28日にネットオウルから届いたメールニュースによると・・・

この度、ネットオウルのレンタルサーバー『ミニバード』『ファイアバード』『クローバー』では、サーバー管理ツールからの簡単な操作のみでドメイン認証型SSL証明書「Let’s Encrypt」を無料・無制限に設定できる「無料独自SSL」機能を追加いたしました。

「無料独自SSL」機能で設定した独自SSLは有効期限が自動的に更新されるため、導入後の負担もありません。

これまで費用面や手続きの負担で独自SSLの導入を見送っていた方もこれを機に、ぜひ独自SSLの利用をご検討ください。

このお知らせによると、ドメイン認証型SSL証明書「Let’s Encrypt」が無料・無制限に設定できる「無料独自SSL」機能を追加したとのことです。

これで当サイトのSSL対応もできそうです。

クラウド型高速レンタルサーバー『スターサーバー』の提供開始について

実は、ネットオウルでは、2017年8月7日にあらたにクラウド型高速レンタルサーバー『スターサーバー』の提供を開始しています。

『スターサーバー』では、全サービスプランで無料独自SSLを提供しているので、そちらに移行すれば、無料でサイトのSSL対応はできるわけです。

そして、当サイトが利用している『ミニバード』含む、既存のレンタルサーバーサービスについても、この『スターサーバー』に順次移行していく予定だとアナウンスされていたので、それを待ってもよかったわけですが・・・。

スターサーバーへの移行で気になったこと

現在契約している『ミニバード』から『スターサーバー』へ移行されるにあたって、いくつか気になることが・・・。

  • いつ移行されるのか?
  • どの新プランに移行されるのか?料金は変わるのか?
  • 現行サービス内容と差異のある部分の扱いはどうなるのか?

これらについて、1つずつ確認してみることにしました。

いつ移行されるのか?

ニュースリリースでは現行サービスは自動的に新しいサービス『スターサーバー』に順次移行される、とアナウンスはされていましたが、具体的な移行スケジュールについては「時期未定」「詳細な時期が決まりましたら改めてお知らせします」となっていました。

8月に『スターサーバー』のサービスが開始されて、もう4ヶ月が経ちましたが、具体的なスケジュールのアナウンスは今のところありません・・・。

サイトのSSL対応は早いに越したことはないのですが、『スターサーバー』への移行が明日なのか、来月なのか、はたまた6ヶ月後なのか・・・。

そんななか、現在利用している『ミニバード』での独自SSLの無料提供はとてもうれしいニュースでした。

これなら、とりあえず既存サービス上で独自SSL対応だけ済ませておいて、あとは『スターサーバー』への移行を待てばいいかなと。

でも、他にも気になることが・・・。

どの新プランに移行されるのか?料金は変わるのか?

わたしが現在契約している『ミニバード』はネットオウルのサービスのなかでも、一番お手頃価格のレンタルサーバーサービスです。

『スターサーバー』の新プランへの移行にあたって気になるのは、どの新プランになるのか?ということ。

ちなみに『スターサーバー』の新プランはこちら。

オススメは『スタンダード』ということですが、月額料金をみると500円/月となっているので、現状の250円/月に比べて倍の料金になってしまいます。

新プランの料金をみる限りでは、『ライトプラン』が同額なので、たぶんこちらかなと。

ネットオウルのイチ押しプランではないけど、『スタンダードプラン』に移行させてユーザーに実質値上げを強要する、とは考えにくいですしね。

一応確認のため、サポートセンターに問い合わせてみることにしました。

すると、予想どおり『ミニバード』は、スターサーバーの『ライトプラン』に移行されるとのことでした。

料金の値上げはないことがわかり、ひと安心したのですが・・・。

現行サービス内容と差異のある部分の扱いはどうなるのか?

スターサーバーの『ライトプラン』に移行される予定であることはわかりましたが、サービス内容をみてまた気になることが・・・。

SQLデータベースの数は『1個』まで

との記載があるじゃないですか!

『ミニバード』では、SQLデータベースの数の上限は『5個まで』となっています。

実際、わたしはミニバードで3つのWordPressサイトを運営しており、データベースも3個利用してるんですよね。

足りなくなるじゃん・・・。

結局、ネットオウルさんとしては、

現状のまま使いたければ、上位サービスの『スタンダードプラン』へ移行してくださいね!

って、やんわり値上げを強要されてる!?ってこと?

と思ってしまいました。

となると、やっぱりMixHostなどの他のレンタルサーバーへの移行を考えないといけないのかなぁ・・・と思ったのですが、一応サポートセンターに確認してみることに。

すると、

既存契約ユーザーについては、新サービス・新プランへの移行にあたって、機能差で劣る部分がでないよう対応してくれるとのこと。

ちゃんとニュースリリースにも記載がありました。

つまり、SQLデータベースの上限値についても『5個』までは許容してくれるとのことでした。

これなら新サービスへの移行にあたって、料金面でも、機能面でも、心配することはありません。

むしろ、『スターサーバー』への移行によって、

  • 高性能CPU・大容量メモリ・オールSSD採用の最新サーバーマシンの利用
  • 独自SSLの無料提供
  • https対応サイトの表示を高速化する「HTTP/2」対応

といった数々の恩恵を得られるわけですから、わざわざ苦労して他社へ乗り換える必要性もなくなりました。

さすがネットオウルさん!これからも長くお世話になると思います。

まとめ

とりあえず、『ミニバード』で無料独自SSLサービスが提供開始されたので、まずはサイトのSSL対応をして、あとは『スターサーバー』への順次移行を待つだけ。

「高速サーバー」や「HTTP/2」のメリットを1日でも早く享受できるよう、スターサーバーへの早期移行を期待したいと思います。

現在ネットオウルのレンタルサーバーを契約しているけど、独自SSLサービスの無料提供を心待ちにしていた方は、ぜひこの機会にサイトのSSL対応に着手してみてはいかがでしょうか?

ネットオウルでは、無料で独自SSLが使えるクラウド型高速レンタルサーバー『StarServer(スターサーバー)』を2017年8月7日にリリースいたします。
スポンサーリンク

よかったらシェアしてください!

更新情報をフォローする