捨てる方法-17│片付け術や収納術から永遠に開放される唯一の方法とは?

ぷちミニマリストを目指して、55の捨てる方法を1つ1つ検証し、実践していくドキュメンタリー企画の第17回目です。

スポンサーリンク

捨てる方法

捨てる方法-17

「収納」「片付け」という発想を捨てる

本屋に行けば、「○○のらくらく収納術」とか「△△のすっきり片付け術」など、あふれるモノを限られたスペースにきれいに整理整頓し、収納したり片付けたりする本がたくさん並んてますよね?

片付けコンサルタントのこんまりこと、近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」という本も、片付け術の代表例ともいえる一冊でしょう。

多くのモノに囲まれて生活を送るわたしたちにとって、永遠の課題となるのが、

いかに限られたスペースを有効活用し、きれいに収納するか

ということ。

そこで大活躍するのが「収納ケース」でしょう。

部屋にあふれる散らかしっぱなしのモノも、この収納ケースさえあれば、きれいに整理整頓して、押入れのデッドスペースも有効活用できそうです。

不毛な収納・片付けのサイクルから抜け出す唯一の方法とは?

こうしてできるだけモノが部屋にあふれ出ないよう、わたしたちは収納や片付けに日々明け暮れているのではないでしょうか?

でも、日が経つにつれて、収納されたモノはひょっこりと表に出てきて、部屋をどんどん占領していき、いつしか散らかった部屋へ逆戻りしていくという、まさに堂々巡り状態・・・。

どんなに収納術や片付け術を身につけたとしても、よっぽどマメな性格の人でない限り、片付けては散らかし、片付けては散らかし・・・というこのサイクルを延々と繰り返していくわけです。

このサイクルから逃れるためにはどうしたらいいのでしょうか?

答えは簡単。収納術や片付け術に頼るよりも

モノの絶対数を減らすこと。

たったこれだけです。

言われてみればあたり前のことですが、モノの絶対数が減れば、そもそもモノは散らかることもないでしょうから、整理整頓して収納したり、片付けたりする必要もないわけです。

わたしたちはモノを収納することだけに注力しすぎるあまり、モノの数そのものを減らすことを忘れてしまっているのかもしれません。

今回のまとめ

安易な片付け術や収納術に頼るより、モノの数を減らしたほうが断然ラク。

実践したこと

便利な収納ケースばかりに頼っていては、いつまでたってもモノも減らないわけですが、そうかといってぷちミニマリストを目指すわたしにとって収納ケースは欠かせないアイテムの1つです。

ただ、さまざまなメーカーの収納ケースを使っていたため、統一感もなく、大きさも不揃いなため、押入れにデッドスペースを作っていました。

そこで、引越しを機に収納ケースを一新することにしました。

収納ケースに求めた条件としては、以下の3つ。

  • 中身が見やすいよう透明であること
  • 引越し先の押入れのサイズに合うよう、サイズ種類が豊富であること
  • 出し入れがしやすいよう、キャスターが付いていること

引越し先の押入れサイズが少し狭かったので、ぴったり合うサイズの収納ケースが欲しいと思っていました。

また、これまで分散していたものをなるべく大型のケースにまとめたいと思っていました。

大型の収納ケースにまとめてしまうと、どこにどんな荷物が入っていたかわかりにくくなるし、取り出すのも大変になりがちなので、中身がわかるよう透明で、女性でも取り出しやすいようキャスター付きのものを探すことにしました。

そこで見つけたのが、フィッツケースのメーカー直販サイト。

fitsworld-web

「Fits」は大型ホームセンターなどでもよく見かけますが、累計7,000万個も売れている安心のブランドです。

豊富な商品ラインナップの中で、わたしの条件にぴったりだったのが「ロックスシリーズ」でした。

キャスターは別売りとなっていますが、差込式のキャスターが用意されているので、必要に応じて簡単に取り付けができますし、収納ケースを重ねる場合なんかは、キャスターなしのほうが便利ですからね。

キャスター付きの「インロック」シリーズもあるのですが、ロックスシリーズとの違いは「ストッパー機能」が付いていないこと。

押入れに設置する場合はあまり心配する必要はないかもしれませんが、ウォークインクローゼット部屋などに積み重ねて置く場合、地震などで動いてしまっては危険です。

ですから、地震対策としてもストッパー機能はぜひとも欲しい機能だったんです。

幅はすべて44cm、奥行きは66cmと74cmの2タイプ。高さは16.5cmから43cmまであり、全部で8種類あるため、押入れサイズにぴったり合うよう組み合わせることができます。

今回は浅めのタイプ(容量50リットル)と深めのタイプ(容量83リットル)を各3つずつ、キャスターは2つ購入することにしました。

fits-caster

購入してみると、やっぱりストッパー付きキャスターを買って大正解でした!

ネジ式ではなく差し込み式ですので、すぐに取り付けが可能ですし、中身を取り出すときはもちろんのこと、普段の掃除をするときも出し入れがラクなので、これまで使っていたキャスターなしの収納ボックスとは大違いです。

キャスターを付けることで高さが5cmほどアップしますが、これが適度な隙間となり、押入れの壁面や床の湿気も抜けてカビ対策にもいいかなと思いました。

収納ボックスを一新したのをきっかけに、あらためて荷物を整理して、捨てるモノは捨てて、残すモノはまとめて収納することができ、大満足です。

参考<FITS>フィッツ収納ケース

スポンサーリンク

よかったらシェアしてください!

更新情報をフォローする